HOME >  WORKS : プロデュース >  イベント >  ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」
事例ご紹介
ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」
ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」

ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」

ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」
 時 期: 2012年11月〜2013年2月
 お客様: ヤマハリゾートつま恋
初回となる本年度は、「つま恋サウンドイルミネーション2012〜奏でる音と光のハーモニー」。55万坪を誇る広大な敷地の中、メイン会場に至る南ゲートの導線からイルミネーションを点灯し、「ホテルノースウイング前」エリアをメイン会場に設定。「ヤマハ」の経営理念(感動を・ともに・創る)やその歴史性をバックグランドに、3つのING「光(LIGHTING)×音(SINGING)×癒(HEALING)」のハーモニーで来場者の五感を刺激し、壮大なスケールで記憶に残る斬新な劇場空間を創出します。総合プロデュースには、夜景評論家・夜景プロデューサーである丸々もとお。3カ年後には冬のイベントとして全国有数のイルミネーションを目指します。

〜感動を・ともに・創る3つのING〜
光(LIGHTING)×音(SINGING)×癒し(HEALING)がハーモニー


■ 光(LIGHTING):首都圏随一の東京ドイツ村イルミネーション50万人を実現した丸々もとお監修をベースに、大規模アミューズメント施設等の実績を誇る施工会社、全国トップブランドの照明メーカーのコラボレーションにより、光の劇場空間を創造。

■ 音(SINGING):聴覚で感じる音以外に、照明演出により視覚的に感じる音空間を創造。音楽はヤマハらしさを追求するため、舞台・芸術空間や建築空間の音楽作品で高評価を受けている作曲家・畑中正人氏が作曲。オリジナル音源でイルミネーションイベントを開催する例は珍しく、ぜひ御期待ください。

■ 癒し(HEALING):会場内には一定導線を設け、周遊することで心身が自然と安らいでいく空間を創出し、心地よく楽しんで頂くために光と音と人間の心理的な調和の実現を目指します。

★ 見どころ&楽しみどころ紹介
①「音と光のイルミネーション・ショー」毎日開催!
「ホテルノースウイング前」の芝生スペース全体で展開。木道(木のデッキ)により導線を確保し、巡りながら楽しめるイルミネーション。光の大海原の中に、音楽をテーマにした光のオブジェを配置し、「ホテルノースウイング」「ミュージックガーデン」の外壁を使用して、音楽と光が奏でるイルミネーションショー(5分間)を10分間隔で開催します。

②香りの噴出するシャボン玉。東海地区初登場!
五感を刺激するイルミネーションとして、「甘い香りが吹き上がるシャボン玉」を噴出。東海地方では初登場となる試みとなります。

③音と光と連動する、聖なるチャペル!
チャペルや隣接するガーデンを舞台に、「音と光が届ける祝祭空間」をイルミネーションで創出。チャペルのステンドグラスには内照式に変え、メイン広場でのショーと同時にチャペルの光が連動します。

④音楽の起源を楽しく、学ぶイルミネーション!
南ゲートからメイン会場に至る導線では、「音楽の起源」を楽しく学べるイルミネーションを展開。「人間の言葉の強弱やこだまを表現したイルミネーション」「自然現象から始まったイルミネーション」等、多様な演出が堪能できます。また、ビオトーブエリアでは「冬ホタル」が舞う幻想的な世界に出合えます。

⑤飲食、限定土産も充実!
飲食を販売する特設会場を設定。入場チケットの金券(500円)で手軽に飲食が楽しめます。またレストランではヤマハリゾート自慢のグルメも堪能できます。一方、つま恋オリジナルのお土産の他、掛川・静岡名産品等も購入可能。もちろん、全てのショップ・レストランで金券を御使用いただけます。

<イルミネーション開催概要>
●期間:2012年11月1日(木)〜2013年2月28(木)
*2013年1月20日(日)〜1月25日(金)は休業
●イルミネーション営業時間:16時〜21時まで(最終入場20時)イルミネーション点灯は日没〜
●入場料:1000円(入場料500円+金券500円付) 
幼児以下は無料
●アクセス:「ヤマハリゾートつま恋」南駐車場からご入場ください。※ ホテル宿泊・温浴施設利用の方は北ゲートを御利用ください。
| 会社案内 | サイトのご利用について | サイトマップ |